デジタルファブリケーションで地域おこし

「モノづくりでヒトづくり」デジタルファブリケーションを活用した地域おこしFab

岡山県瀬戸内市長船町福岡で活動する『FabLab Setouchi β』は、「モノづくりでヒトづくり」をキーワードに、地域資源とともにデジタルファブリケーションを活用した「地域おこしFab」の取り組みを進めています。

FabLab-Setouchi-1

主な取組例

  • デジタルファブリケーションを活用した「糸操り人形」の再現
    2017年1月に、地元ゆかりの一遍上人絵伝「福岡の市」にまつわる人形劇の上演を地元で開催予定
  • 瀬戸内市の寒風陶芸会館と連携し、須恵器窯の復元に伴う3Dプリンターを活用した須恵器再現
  • 長船刀剣博物館と連携した、刀に関する取組

など、瀬戸内市ゆかりの文化資源を活用した様々な取組を行っている。

地域おこしFab

また同時に瀬戸内市では地域おこしFabとして「モノづくりでヒトづくり」の実践を地域と共につくる『地域おこし協力隊』をしています。

ハレの国・岡山県瀬戸内市、地域おこし協力隊募集
JOIN ニッポン移住・交流ナビ
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/12110


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る