Googleの3次元VR/ARモデリングツール「Blocks」

Googleはヘッドマウントディスプレイで使用する無料の3次元モデリングツール「Blocks」を公開

Googleは、VR/AR用デバイス「HTC Vive」と「Oculus Rift」向けに、誰でも簡単に3次元オブジェクト製作できるVRアプリ「Blocks」をリリース。Steam及びOculus Storeから無償公開した。

Blocksは、HTC ViveとOculus Riftに付属する専用のハンディコントローラーを使い、VR空間上でブロックを組み立てるように操作できるため、3次元モデリングの経験のない子供や初心者でも簡単に3次元オブジェクトを生成することができる。

シンプルなプリミティブオブジェクトやカラーパレットなど直感的なツールを組合わせ、仮想空間内で自由に3次元オブジェクトを配置及びペイントすることができる。

作成した3次元オブジェクトはOBJ形式でエクスポートすることができるため、ARまたはVRアプリで使用することができる。また、他の3次元ツールを利用しデータを変換(修正)することで、3Dプリント用データとして活用することも可能。

完成した3次元データは、Blocksのユーザーコミュニティ内でシェアすることができる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る