ストラタシス「デジタルモールド」の公開授業開催

ストラタシスは南信工科短期大学校の専門課程講義で「デジタルモールド」の公開授業を開催

3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダーStratasys(以下 ストラタシス)の日本法人ストラタシス・ジャパンは、2017年9月7日に長野県南信工科短期大学校にて、3Dプリント樹脂型アプリケーション「デジタルモールド」のモノづくりへの活用法を実践的に学ぶための公開授業を開催することを発表した。

今回の授業では、デジタルモールドの特許を持つスワニーとストラタシス・ジャパンとの連携により、講義およびデモンストレーションを実施。モノづくりの基礎となる金型技術とともに、最新の知識と技術を体験する実践的授業を開催。

デジタルモールドは、ストラタシスのマルチマテリアル技術による高機能樹脂デジタルABS でプリントされた3Dプリント樹脂型を射出成型など従来の金属製の金型に代わり活用するという最新のアプリケーション。今回の授業では、同校が導入したストラタシスの3DプリンタObjet30を活用したライブデモンストレーションを含め、金型技術をより深く掘り下げ理解し、射出成形型にデジタルモールドを活用し実製品と同じ材料による試作品を作成するという製品設計から型割、造形、成形までを学ぶ実演・実習という体験授業として執り行われる。

授業詳細

開催日時:2017年9月7日 8:50~12:10
開催場所:長野県上伊那郡南箕輪村8304-190、長野県南信工科短期大学校 学生ホール

アジェンダ

  1. 概要説明、製品、型割りCAD
  2. 造形スタート 造形完了(サポート仕上げ)
  3. 成形
  4. まとめ

講師:有限会社スワニー 代表取締役社長 橋爪良博
技術協力: 株式会社ストラタシス・ジャパン


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る