最新ポリカ素材の実機検証とサンプル販売開始

発売前のPolymaker最新ポリカーボネイト素材『PC-Plus』実機検証とフィラメントサンプル販売サイトのお知らせ

pc-plus_2

正式発売前のPolymaker最新フィラメント『PC-Plus』を使い、実機検証を行ってみました。
先日お伝えした通り、ポリカーボネート素材で出来た『PC-Plus』は、FDM/FFF方式3Dプリンターで利用可能な高強度&耐熱性を有するフィラメントで、様々な用途への活用が期待される製品です。Polymakerからの正式販売は10月予定ですが、先行して入手した同製品を使い、実機検証を行ってみました。

※ 今回ご紹介したこちらのフィラメントを「ちょっとだけ試してみたい!」と言う方は、フィラメントサンプル専門ショップ『3DFS』より少量サンプルのご購入が可能です。

PC素材フィラメント『PC-Plus』5メートル

PC素材フィラメント『PC-Plus』10メートル

 

Polymaker PC-Plusの検証内容

今回の検証では「ソフトウェア(スライサー)の設定値」「造形中のフィラメントの状態」「造形品の強度、耐熱性」などの確認を行いました。

pc-plus_9
フィラメント自体の張りが強いため、管理が悪いとスプールの巻き込みエラーが起きそう

スライサーの設定について

今回の検証にはデスクトップ型高精度3Dプリンター『MOMENT S』を利用したため、スライサーはバンドルされているSimplify 3Dを利用しています。
Polymaker社が公開するデータシートも、Simplify 3Dをベースに解説されています。

※PC-Plusを利用するには、耐熱&耐久シートBuildTakの使用が必須とされているため、Simplify 3Dの設定内容はBuildTakの使用を前提として解説しています。BuildTakはPC-Plusに同梱される予定のようですが、Amazonなどからも購入が可能です。

 

先ずは、Simplify 3D → Temperature → Primary Extruderを推奨値「255℃」、Heated Bedを推奨値「80℃」に設定します。

pc-plus_simlify3d-1

続けて、Simplify 3D → Cooling → Per-Layer Fan Controls → Fan Speedを「0」にします。

pc-plus_simlify3d-2

最後に、Simplify 3D → Additions → Use Raft → Separation Distanceを「0.30mm」に設定します。

pc-plus_simlify3d-3

造形スピードは、一般的なPLA素材同様30~90mm/s程度で問題ありません。
以上でスライサーの基本設定は終わりです。ヒートベッド温度が80℃と高めで、尚且つBuildTakの使用を必須としているため、利用できるプリンターはある程度限定されるかもしれません。

 

造形中の様子

推奨値に準じた設定が済めば、後は通常のPLA同様に造形を行うことが可能です。今回の検証でも、特に問題なく精度の高い造形を行うことができました。
下映像は、今回の検証で製作した「お猪口」造形中の様子です。

 

造形品の確認

今回造形した幾つかのサンプルの内「お猪口」を使って耐熱テストをしてみました。
沸騰させた100℃近い熱湯をダイレクトに注いでみましたが、変形や割れなど発生することなく形状を維持し続けることができました。今回は、インフィル値をデフォルトの20%にしていますが、より強度を増すにはインフィル値をアップしてみても良いかもしれません。

pc-plus_5
沸騰した直後のお湯をダイレクトに注いでも問題無し

せっかくなので日本酒を入れてみましたが、こちらも問題無く美味しく頂くことができました(^^;
今回の検証で使った「お猪口」モデルは、Thingiverseにアップしてありますのでご自由にお使いください。

pc-plus_10

このモデルはShade 3Dを使ってモデリング~STL書き出しを行っています。Shade 3Dを利用した3Dプリントデータ生成などの使い方は、後日改めてアップいたします。

pc-plus_shade

 

その他、強度検証のためボルト&ナットなど複数のサンプルを造形してみましたが、かなりの強度があることが確認できました。強度に関する詳細な検証は、後日改めて実施する予定です。

pc-plus_4

Polymaker PC-Plusの特徴

  • エンジニアレベルの強度
  • 高い透明度(研磨やクリアコートで透明度アップが可能)
  • 高耐熱性(110℃以上にも耐える)
  • 高いプリント精度
  • フィラメント径:1.75mm/3mm
  • 温度範囲:240℃~280℃
  • 推奨温度:250℃~270℃
  • プリント速度:30~90mm/S
  • ヒートベッド:80℃ ※

3Dプリント用フィラメントサンプル販売専門サイト『3DFS』プレオープンのお知らせ

この度、id.artsではフィラメントサンプル販売専門サイト『3DFS』をオープンいたしました。
現在は、10月正式オープン前のプレオープン状態で、アップされた商品数も少な目ですが、近い内に大幅に商品数を増加させる予定です。国内ではなかなか入手できない特殊なフィラメントから、汎用性の高い製品まで、国内外のフィラメントを多数取り揃えて参ります。PC-Plusは数に限りがありますので、ご希望の方はお早目にお買い求めください。

『MOMENT S』の問合せ先

AAA Corporation(有限会社 エーエーエー コーポレーション)
メール:support3d@aaa-corp.co.jp
電話:078-272-2580(代)
URL:http://aaa-corp.co.jp/3dprinter/index.html


フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る