窓・ドア専用の大型3Dプリンタ

スウェーデンの企業NorDanは窓やドアのカスタム大型プリンタに対応した3Dプリンタを開発

1926年設立のスウェーデンの建材メーカー「NorDan AB」は、窓とドアを製造するための専用大型3Dプリンタを開発した。

「BLB 3D Custom Printer」と呼ばれるこのプリンタは、スウェーデン・べーナムーに拠点を置くBLB Industriesと共同開発された物で、NorDan社の窓やドアを製造できる大型3Dプリンタだ。

今春にリリースされる予定の同3Dプリンタは、2500x1500x1500mm³(5.625立方メートル)の構築容積を有しており、1時間当たり14kgのプラスチック材料を吐出できる性能を有している。
ポリマーや複合材料(木材、コルク、麻、他)などのプラスチック材料を処理可能で、異なるノズルサイズ(0.6〜2 mmおよび2〜8 mm)を備えた2つの押出機を装備している。


ウクライナの建築系ベンチャー「PassivDom」開発の完全自律型3Dプリント住宅

NorDanは、BLB 3D Custom Printerを利用した実用レベルの窓・ドア製品の開発を計画しているが、中国や欧米、中東では3Dプリント技術をベースとした建設技術の開発が積極的に展開されており、近い将来、3Dプリンタのみで製造された部材を利用したフルカスタマイズの3Dプリント建築物が完成する日も近いかもしれない。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る