シャボンの翼を持つ3Dプリント製グライダー

石鹸水からできた薄い膜を翼にして飛ぶ3Dプリント製グライダー

YouTubeチャンネル ViralVideoLab を運営するクリエイターは、3Dプリントされたプラスチックフレームと石けん水を利用した、超軽量の3Dプリント製グライダー(水翼滑空機)を開発。3Dプリントデータ共有サイト Cults3d から公開した。

視覚的にも魅惑的なこの超軽量グライダーは、翼および尾翼に大きな穴が開いた3Dプリント製フレームに、水と食器用洗剤を混ぜた石鹼水からできたシャボンに浸して膜を作り、翼として利用して滑空する。

作者はこのフレームの3DデータをCults3dで有償公開しており、3Dプリンタを保有するユーザーであれば、わずか258円で入手可能なデータからこのグライダーのフレームを造ることができる。


関連記事

3DP id.arts の最新投稿をお届けする「Newsletter 3DP id.arts」への登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る