ZBrushでデジタル原型を学ぼう

最新のペンタブレットとスカルプトツールを学びデジタル原型師を目指そう!

2017年2月19日、幕張メッセで開催される『ワンダーフェスティバル 2017 冬』において、デジタル原型の最先端を学ぶための3D-GAN「3Dデジタルモデリング」ステージが開催される。

このステージは、2016年7月に開催された「ワンダーフェスティバル 2016 夏」に続き開催されるイベントで、これからデジタル原型をはじめたいと思っているユーザーを対象としている。

当日は、デスクトップタイプの高性能3Dプリンタ「Form 2」を展開するFormlabsジャパンによる3Dプリンターの最新情報の紹介や、昨年発売され話題となったワコムのペンタブレット「Intuos 3D」と、バンドルスカルプトツールPixologic社の「ZBrush Core」を利用したフィギュア原型の作例紹介や、ZBrush Coreの超入門講座などが開催される。


高性能デスクトップSLA方式3Dプリンタ「Form 2」

また、会場となるブース(4ホール ブース番号「h」)では、Pixologic社 × ワコムのコラボレーション企画として、ワコムの最新ペンタブレット「Intuos 3D」と「ZBrush Core」を使用した、デジタル原型のための3Dモデリング体験コーナーが設置される。

ワンダーフェスティバル 2017 冬

  • 開催日時:2017年2月19日(日曜日) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ 国際展示場 1~8ホール
    〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
    TEL 043-296-0001(代表)
  • 入場料:2,500 円 (入場チケット兼公式ガイドブック/小学生以下無料)
    開場時優先的に入場できるダイレクトパスあり。※ダイレクトパスを購入された方も別途入場料が必要。
  • 主催:ワンダーフェスティバル実行委員会

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る