砂糖材料のスイーツ3Dプリンタ「AAVS」

香港の学生チームがオープンソースCNCを改良したスイーツ3Dプリンタを構築

sweetest-3d-printer-1

MIT大学院の研究者ビクター・レオン率いる建築協会客員スクール(香港)の学生チームは、11日間のロボットワークショップで、砂糖原料の3Dプリンタを構築しました。

sweetest-3d-printer-4

以前ご紹介したMITメディアラボによるガラス3Dプリンタの研究プロジェクト「G3DPプロジェクト」の複製として開発されたこの砂糖材料の3Dプリンタは、オープンソースモジュール「MakeBlock」をベースに改良されたCNCベースのプリンタで、本体上部に設置された砂糖リザーバーが150℃で砂糖を溶解し、直下に設置されたプリントノズルから飴状の材料を押し出し、立体的な飴細工を造形します。

sweetest-3d-printer-3

sweetest-3d-printer-2

sweetest-3d-printer-5

sweetest-3d-printer-8

今回のワークショップに参加した学生等は3つのチームに分かれ、ステッピングモータ理論、モーション制御、CNC制御、機械的な原則、運動伝達、精密機械、電子機器、ドライバ、温度制御、Gコードプログラミング、CADのCAMプログラミングなどを学びながらMakeBlockを改良した3軸3Dプリンタを構築しました。

sweetest-3d-printer-7

sweetest-3d-printer-9

ベースとなる技術は以前ご紹介したガラス3Dプリンタに類似したモノですが、砂糖を原料としたスイーツプリンタということで、子供達の感心も高まり、STEM教材として良い研究材料になっています。

こちらはガラス3Dプリンタ「G3DP」


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る