Stratasysがオンデマンド造形サービスを開始

オンデマンドのパーツ製造サービス『ストラタシス・ダイレクト・マニュファクチャリング』

stratasys-SDM-01

ストラタシスのオンデマンド造形サービスでは、同社のポータルサイトにユーザ登録することで、ストラタシスのプロフェッショナル向け3Dプリンターを利用した高精度な造形の見積~発注までを簡単に行うことができるサービスです。

stratasys-SDM-03

世界初となる高精細フルカラーおよびマルチマテリアルを実現した同社の3Dプリンティング技術を利用することで、コンシューマー製品、家電、自動車、アミューズメント、医療業界などにおける詳細なフルカラー表現や透明カラーによる視覚化、繊細な感触の表現、デジタルモールドや治具などのツール、最終製品まで、さまざまなニーズに対応するパーツをオンデマンドで再現することが可能となります。

SDM(ストラタシス・ダイレクト・マニュファクチャリング)とは

stratasys-SDM-02

Stratasys Direct Manufacturing(SDM)は、1991年設立のSolid Conceptsと、1995年設立のHarvest Technologiesの両社をStratasysが買収し、Stratasysが2005年から事業を展開していたオンデマンド型のDDMサービスRedeye on Demandと統合することで開始した、オンデマンドのパーツ製造サービスです。

幅広い3Dプリンティング技術と製造技術

SDMが提供するパーツサービスは、PolyJetとFDMをはじめとしてSLS(粉末焼結積層造形法)やDMLS(タイレクト・メタル焼結積層造形法)などのAM(アディティブマニュファクチャリング)によるマスカスタマイズ製造、また、ウレタンキャスティングやCNCによる機械加工など従来の工法による製造も提供(日本未対応)。SDMは、顧客のニーズや要望に併せて、最適な方法を組み合わせて質の高い製造サービスを提供

グローバルネットワーク

3Dデータから直接パーツを製造するDDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)では、場所に縛られない「グリーンな製造」が可能。SDMは、世界10箇所以上の拠点を持ち、各拠点の設備が最適な活用ができる体制を整えています。例えば、設計データをある国で制作し、それをオンラインで別の国へ送り、出荷先に一番近いところで製造することが可能。

stratasys-FDM-01


Stratasys関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る