Stratasysは3Dプリントワークフローを簡素化

3Dプリントに関するワークフローを直感的かつ高度にするアプリケーション『GrabCAD Print』

grabcad-print-2

3Dプリント業界トップシェアStratasys(ストラタシス社)は、従来の3Dプリントプロセスを刷新し、非常に簡単でより直感的かつ高度にアクセスできる3Dプリントワークフロー「design-to-3D print」のためのアプリケーション『GrabCAD Print』を発表した。

※2014年にストラタシス傘下となったGrabCADは、全世界300万人以上のデザイナー、CADエンジニアなどが参加する世界最大のCADコミュニティ。

grabcad-print-1

従来からのプリントプロセスでは、CADエンジニアによって生成されたデータはプリントオペレーターやツールによる確認修正(STL化)~専用ソフトによる解析~3Dプリント。という工程が必要であるが、GrabCAD Printでは、エンジニアから3Dプリントまでの工程をより簡素化するため、STL以外にもCATIAやSOLIDWORKS形式など、一般的なCADファイルフォーマットをダイレクトにインポート可能。

grabcad-print-5

読み込まれたデータは、GrabCAD Printにネイティブ対応したStratasysのFDM機やPolyjet機に最適化され、複数のプリンタに対するプリントジョブやステータスを一元管理できる。

grabcad-print-3

GrabCAD Printは、クラウドベースのオープンアーキテクチャなソフトウェアプラットフォームで、誰もがより直感的に3Dプリントできるシステムとして提供される。

現在サポートされている3Dプリンタは以下の通り

  • uPrint SE
  • uPrint SE Plus
  • Fortus 250mc
  • Dimension Elite,
  • Dimension 1200es
  • その他機種も今後追加予定

Stratasys関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る