ハイエンド3Dスキャンスタジオが天王洲にオープン

84機のカメラによるテクスチャースキャンと精度±0.1mmのスケールスキャンシステム

sss_1

3Dテクノロジーサービスを提供する株式会社ケイズデザインラボと、ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナは、ハイエンド3Dスキャンシステムを完備した3Dスキャンスタジオ「SSS(スーパースキャンスタジオ)」を天王洲アイルのアマナスタジオ内にて2016年11月1日よりオープンしました!

スーパースキャンスタジオの特徴

  • 84機のカメラによる高解像度テクスチャー取得と精度±0.1ミリの正確な形状測定
    「SSS(スーパースキャンスタジオ)」は、測定精度±0.1ミリの正確な形状測定ができる「スケールスキャンシステム」と、84機のカメラによる高解像度のテクスチャーデータを保存する「テクスチャースキャンシステム」をスタジオ内に設置。
    ハイエンド3Dスキャンスタジオとして、3Dスキャンの技術を起点に未来のクリエイションを探る拠点となる。
  • 豊富な経験を持つテクニカルスタッフとプランナーがサポート
    スタジオでは、3Dテクノロジーの先端技術を持つケイズデザインラボのスタッフが対応。目的とフェーズに合わせた三次元データの取得からコンテンツ製作支援まで、テクニカルスタッフとプランナーが提案・サポート。ビジュアル制作のノウハウを持つアマナは、かつてない規模のスキャンシステムの設置とスタジオ運営をサポート。
    これにより、さまざまな関連企業との実験・実践的研究を通して3Dテクノロジーのビジネス利用推進に貢献。

sss_2

スーパースキャンスタジオの設備

  • テクスチャースキャンシステム
    84機のカメラによる高解像度3Dテクスチャー保存
    18MピクセルのDSLRカメラを80機、50Mピクセルの超高解像度DSLRカメラ4機、そしてストロボをシンクロ、従来のスタジオでは実現できなかったシャッタースピードでレリーズし、最高の機材と最高のライティングで陰影の少ないシャープな画像を取得。専用ソフトウェアを介し、位置情報と多数の画像視差情報を演算し、三次元データを得る。さらに50MピクセルのDSLRカメラ4機のみを単独で稼働させ、顔などの重点部分に向けた超高解像度のテクスチャーを生成することも可能。
    (測定誤差:±1.0mm)
  • スケールスキャンシステム
    精度±0.1ミリの正確な3D形状測定
    4本の計測用支柱で人体を取り込み短時間で計測。各支柱にはプロジェクタとカメラが装備されており、4本の支柱にあるプロジェクタから照射されるフリンジパターンをカメラでキャプチャー、複数ショットのデータを自動的に位置合わせし、大容量の点群データによる3D形状測定データを生成する。
    (測定精度:±0.1mm, 測定範囲:1900×1200mm)

sss_4

市場背景

スキャニングシステムの進歩による、ものづくりにとどまらない三次元データの活用
近年のスキャニングシステムの進歩に伴い、あらゆるものを短時間のうちに三次元データ化することが可能となりました。それにより三次元データの活用は、ものづくりにとどまらない様々な分野への広がりを見せています。
特に人体のスキャニング分野においては、幅広いビジネスの創出が期待されています。企業が多数の人体三次元データをデジタルアーカイブ、データ集合知として統計化することで次世代の製品開発に役立てるといった研究目的や、よりパーソナルなデータ計測・解析、データ取得により、タレントやアーティストの三次元データから3Dアニメーション化し、エンターテイメントコンテンツへ利用するなど、多岐にわたっています。

アクセス・施設環境

SSS スーパースキャンスタジオ
〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-43 株式会社アマナ 天王洲オフィス T3ビル内
http://superscanstudio.com/

sss_3

内覧のお申し込み、事業についてのお問い合わせ
SSS スーパースキャンスタジオ
お問い合わせ窓口 03-6433-5013/info@superscanstudio.com


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る