5万ドルのスカーレット・ヨハンソン3Dプリントレプリカ

香港のデザイナーは3Dプリント骨格を利用した『スカーレット・ヨハンソン』レプリカを開発

3d-printed-life-sized-robot-scarlett-johansson-1

ロボット工学や電気工学に関する経験の無い香港のグラフィックデザイナーRicky Maは、一年半の年月と$50,000を費やし、米国の人気女優「スカーレット・ヨハンソン」の3Dプリントレプリカを開発。

マーク1ロボットと名付けられたこのレプリカは、約70%の骨格パーツを3Dプリンターで製作しており、その内部にサーボモーターや電子機器を内包。外皮はシリコーン製の皮膚で覆われている。

3d-printed-life-sized-robot-scarlett-johansson-3

同氏はこの3Dプリントヒューマノイドロボットを販売することを計画しており、開発を継続するための投資家を探している。

3Dスキャンや3Dプリント技術をベースにヒューマノイドロボットの精度向上が進むようになると、バーチャルなセックスパートナーの開発がより本格化するのかもしれません。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る