顔に完璧フィットする3Dプリントメガネ

3Dスキャン技術を利用した完璧フィットの3Dプリント眼鏡フレーム

FrameLApp-1

ドイツの3Dプリントメガネ会社Framelappは、利用者の顔に合わせ最適にカスタマイズされた、眼鏡フレームを設計する新しい3Dスキャン技術を開発しました。

今年1月に国際見本市で発表されたこの革新的な技術では、人物の頭と顔を3Dスキャンし、鼻の形状や大きさ、目の間隔および顔の特徴などのデータから詳細な頭部形状データを抽出し、利用者に完璧にフィットしたフレームを3Dプリント成形。

FrameLApp-2

Framelapp社は、既存眼鏡店に毎年数千点の3Dプリントメガネフレームを提供しており、今回新たに構築した3Dスキャンシステムを併用することで、従来の眼鏡製作プロセスを大きく変えようとしています。

FrameLAppの実行方法

  1. Webサイトより好みのフレームデザインを選択
  2. 最寄の店舗等取扱店を指定し、3Dスキャン計測
  3. 計測データはFrameLAppに送信され、カスタムフレームを製作
  4. 購入者の元へ送付(受け取り)される

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る