軟性素材を利用し精巧に作られた3Dプリントファッション

大学生が卒業作品としてデスクトップ機で造形した精巧な3Dプリントファッション!

3d-printed-fashion-12

シャンカール大学を卒業したばかりのイスラエル人デザイナーDanit Pelegさんが、学位所得のために開催された大学の卒業発表に向けて製作した3Dプリントドレス。

大学でデザイン&エンジニアリングを学んだ彼女は、作品制作の大きな目標として「3Dプリンタを使って自宅で既製服のコレクションを作りたかった」と語っている通り、自宅に複数台の3Dプリンターを設置し作品群を完成させた。
元々エンジニアリングを学んでいた彼女は、動画からも分かる通り、協力者の支援を受けながら3Dプリンタの組立てやメンテナンスも自ら行っている。

3d-printed-fashion-11

AndreasBastianの考案したMesostructured Cellular Materialsを応用した精巧な構造体とPLAフィラメントを組み合わせたドレス。

3d-printed-fashion-10

MakerBotなど数種類の3Dプリンターを経験した後、最後に選択したのはFDM方式のデスクトップ型3Dプリンター『Witbox』。この機種にRecreusの軟性素材「FilaFlex」フィラメントを使用して3Dプリントドレスコレクションを製作。

3d-printed-fashion-3

自宅に設置した3Dプリンターで造形するドレスは、A4サイズ程度の大きさをプリントするのにも約20時間を要するため、彼女は自宅に複数台のWhiteBoxを導入し、各ドレスは一着約400時間掛けて完成させている。
学位所得のためとはいえ、大変な労力ですね。

3d-printed-fashion-7
3Dモデリング中の3Dプリントジャケット

3d-printed-fashion-1
完成した3Dプリントジャケット


3Dプリントファッション関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る