Nano Dimension取締役に元3D Systems社長

3Dプリントエレクトロニクス企業Nano Dimensionは取締役に元3D Systems社CEOを任命

3DプリントPCB基板製造技術とDragonFly 2020 PCB 3Dプリンタを開発するイスラエルの3Dプリントエレクトロニクス企業「Nano Dimension」は、同社の取締役に3D Systemsの元最高経営責任者Avi Reichental氏を招聘。

Avi Reichental氏は、CEOを務めていた12年の間に3D Systems社を3DプリンタのリーディングカンパニーStratasys社に匹敵する企業へと成長させた。
Nano DimensionのCEO Amit Dror氏は「Aviは経験豊かな経営幹部であり、先見性のある起業家である。収益性の高い長期的な成長のため、Nano Dimensionに彼が加わることは自社にとって非常に意味のあることになる」と語っている。

Avi Reichental氏は現在、イスラエルのベンチャーファンドOurCrowd Firstのゼネラルパートナーであり、ベンチャー投資および製品開発会社XponentialWorksのCEOを務めている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る