rinkak 日本刀と3Dプリンタを融合したアート作品をリリース

世界初!rinkakが伝統の日本刀と3Dプリンタを融合させたアート作品の販売を開始

image1

以下、プレスリリースより引用

株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田雅彦)と株式会社Studio仕組(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河内晋平)は、400年以上の伝統を引き継ぐ刀職人と、最新の3Dプリンターを使ったデザインを融合させた、世界初のアート作品を販売。

本作品は、関西地域で400年以上の伝統技術を引き継ぐ刀職人が渾身を込めた日本刀と、その美しさを映し出す、3Dプリンターを使ってデザインされた鞘「 SUMISAYA 」をセットで11月16日から販売致します。この鞘「SUMISAYA」によって、刀身が秘めている魅力が映し出され、これまでにない全く新しい日本刀鑑賞を体験することができます。

image4image2

本作品の3Dデータは、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレイス「rinkak(リンカク)」にて 無料ダウンロードで公開。また、本作品は2014年11月16日の一日限定で表参道のBA-TSU ART GALLERYにて展示致します。※世界初:rinkak調べ

image6

SUMISAYAについて

コンセプト

3Dプリンターによる刀の美しさを映す刀装

本作品のねらい

熟練した刀職人が創り出す「刃紋の奥ゆかしさ」と「刃断面の緊張感」に着目。普段は隠れてしまうその魅力を描き出すべく、刃紋の波と調和するような刃断面シルエットを3Dプリンターを使ってデザインし、全く新しい鑑賞体験に昇華させました。

SUMISAYAサイト
https://www.rinkak.com/sumisaya 
3Dデータ公開ページはこちら
https://www.rinkak.com/item/sumisaya/4830024028913664 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る