3DプリントコスプレグッズでAvengersの世界へ!

3Dプリンタで造形可能なコスプレグッズで貴方も今日からAvengersメンバーだ!

Ultron-3

7月4日、ようやく日本でも公開されたMARVELシリーズの最新作Avengers: Age of Ultron(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)。筆者も熱狂的なMARVELシリーズファンの一人でありますが、今回ご紹介するのは、同じMARVELファンの一人が作成したAvengers: Age of Ultronのキャラクター『Ultron』の3Dプリントマスク。

Ultron-2

GMAX 1.5 XT 3DプリンタとPLA素材で製作された、ライフサイズのUltron 3Dプリントマスク。

GMAX-1.5-XT-3D

残念ながら同士の製作したマスクデータは公開されてないようですが、先日ご紹介したMARVEL次回作「ANT-MAN」の3Dプリントマスクを製作したアーティストページからは、Ultronの3Dプリント用データもダウンロードすることができます。

 

アイアンマンMK 42プロトタイププロジェクト

MK42-3dprint-boots-2

Avengersのメインキャラであり、Age of Ultronでも物語の核となったアイアンマン。このアイアンマンMk42のスーツを、3Dプリンタ、CNC、マイコンなど市販部品を使い、可動式ライフサイズスーツを作ろうとするプロジェクトが進行しています。

MK42-3dprint-boots-1

このプロジェクトを起動したのはアーティストのJames Christianson氏。同氏は現在、コンシューマー3DプリンタやCNCなどを使い自らの手でIron Man MK 42 Prototypeの製作を進めています。今回公開されたブーツでは、Afinia 3Dプリンターを使い、合計60~80時間掛けて造形(材料はABS)した細かいパーツを組み合わせ、アセトン処理~塗装処理を施し、内部に設置したArduinoにより開閉制御を予定しているそうです。Afiniaはコンシューマープリンタとしてトップクラスの精度を要する小型3Dプリンターですが、この小さなプリンターでよくここまで作りましたね。現在同士は、造形面積がアップした後継機Afinia H800を購入し、他パーツの造形に着手しているようです。

現在はこのブーツのみの公開ですが、今後は全身パーツも製作する予定のようです。

MK42-3dprint-boots-4

 

7月4日より日本公開されたAvengers: Age of Ultron(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)、みなさんはもうご覧になったでしょうか?筆者は今回4DXシアターで観ましたが、今回のAvengersは空中戦も多いので、MX4Dや4DXでの鑑賞がかなりお奨めです。これからご覧になる方は是非4Dシアターで!


Avengers関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る