憧れのIRON MANに成れる? 3Dプリントスーツ

ironman_suit1

アイアンマン好きなら一度は夢みる全身スーツ着用

そんな企画を実現させるためにスタートした「Iron Man Factory」
※ 現在MARVELからの著作権侵害による申し立てによりサイト及び関連コンテンツは閉鎖されています。
販売を目的とした企画なので、てっきりライセンスをクリアした物と思っていましたが、無許可で展開していたようですね(笑

残念ながら実現はかなり難しいかな?と思える企画ですが、アイアンマン好きとして興味があるため、企画内容だけでもサラっとお伝えしてみます。

id.artsでも、3Dプリンタで制作したIRON MANスマホケースの紹介をしてきましたが、Iron Man Factoryが展開するのは着用可能なスーツ!

Iron Man Mark III

憧れのマスク開閉も電動式で、もちろん目はLEDにて点灯可能

現在は注文を受け付けていませんが、当初公開された情報では以下の3つのラインアップがありました。

  • 1,999ドル プラン:量産モデルの全身スーツ
  • 1,299ドル プラン:3Dプリント造形されたヘルメット単体
  • 35,000ドル プラン:3Dプリント全身スーツ

短納期(3~4ヶ月)対応品として3Dプリントスーツがラインアップされていますが、金額相応の品質と強度を確保するため工業用の高精度プリンタを使っているかと思いきや、ちょっと違ったようです。
このレベルのプリンタで着用可能なスーツを制作するとなると、かなりの肉厚を持たせた造形が必要ではないでしょうか。恐らく、公開された写真程度の肉厚で全身パーツを造形した場合、着用時の強度を担保できないのでは?と感じます。十分な強度を保った造形となると、総重量はかなりの物ですね。

ironman_suit2ironman_suit3

筆者も個人的な趣味として、IRON MAN関連商品を多数購入しています。ホットトイズシリーズのお高いフィギュアはもちろん、こんなグッズも手当たり次第に購入しています(個人的には好きですが、何故か不人気なMk42関連)。
もちろん全身スーツが20万円前後で購入出来るなら欲しいところですが、マーベルとのライセンス問題をクリアするのは大変そうですね。

ironman_suit5

ちなみに、イギリスの金融サービス会社「moneysupermarket.com」が、現在のテクノロジーを元にリアルなアイアンマンスーツ(Mk42)を制作した場合の金額を試算した資料があります。

ironman_mk42

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る