3Dプリンタ活用技術検定試験受験申込み開始

ものづくりを次世代へ加速する「3Dプリンター活用技術検定」前期試験の受験申込み開始

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(以下 ACSP)は、平成29年度前期「3Dプリンター活用技術検定試験」の受験申込を6月28日より開始する。

「CAD利用技術者試験(2次元・3次元)」を主催・運営するACSPは、3Dプリンターに関する知識や材料、CADデータの取り扱いなどの知識レベルが一定の水準に達していることを評価、認定する「3Dプリンター活用技術検定試験」を平成28年度に創設。
平成29年9月に平成29年度前期「3Dプリンター活用技術検定試験」を実施する。

試験概要

  • 試験名称:平成29年度3Dプリンター活用技術検定試験 前期試験
  • 試験日:平成29年9月10日(日)
  • 申込期間:平成29年6月28日~8月8日
  • 試験時間:60分
  • 受験資格:特になし
  • 試験方法:マークシート形式による真偽方式および多岐選択方式(60問)
  • 受験料:8,000円(税別)
  • 試験科目:「3Dプリンターのメリット」「3Dプリンターの仕組みとプロセス」「3Dプリンターの活用」
  • 会場:全国6都市(北海道札幌市、宮城県仙台市、東京都23区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、福岡県福岡市)を予定
  • 主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)

公式ガイドブック

3Dプリンター活用技術検定公式ガイドブック

3Dプリンターの新検定唯一の公式ガイドブック。活用に必須の基礎知識を解説、幅広い造形方法と造形材料をカバー。仕組みやプロセスから活用事例まで掲載。

試験Webサイト
http://www.acsp.jp/3DP/

試験に関する問い合わせ先
一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)
電話番号:03-3560-8435
Email:fsato@acsp.jp


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る