ABBALabとインテルはエンジニア支援プログラムを始動

インテル株式会社の協力のもと、インテル® Edisonモジュールを活用したプロトタイピングの支援を実施

intel_abbalab

株式会社 ABBALab(代表取締役:小笠原 治)は、IoT(Internet of things)ハードウェ アのプロトタイピングを行うエンジニアを支援するための支援プログラム「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」を、インテル株式会社(代表取締役社長:江田 麻季子)の協力のもと2015年4月24(金)より開始します。
詳細はこちら

ABBALabが考えるIoTハードウェアのプロトタイピングには、様々なセンサーや通信モジュールなどを接続できる開発ボードが重要です。このたびインテル株式会社の協力のもと、同社が開発した「インテル® Edison 開発ボード」を活用したプロトタイピングを行うエンジニアやスタートアップを対象に、開発設備の利用や開発機材、専門エンジニアによる技術サポートなどに関する支援を行います。

支援内容の詳細、応募方法については「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」Webページをご確認下さい。
http://abbalab.com/edison_scholarship/

「株式会社 ABBALab 様の今回の取組みに協力できることを誇りに思います。プロトタイピングに活用されるインテル® Edison開発ボードは、無線機能を内蔵した切手大のコンピューターで、迅速なプロトタイプ作成と製品化を支援します。このたびの取組みを通し、ものづくりのさらなる広がりとイノベーションが加速することを期待しています」
インテル株式会社 代表取締役社長 江田 麻季子

開発設備に関する支援

プロトタイピングのための設備利用に関する支援として DMM.make AKIBA(東京都千代田区神
田練塀町)の利用費用の支援を行います。DMM.make AKIBA はハードウェアスタートアップのため の施設で、本施設にはシェアオフィススペースと総額5億円の開発設備を利用できるスタジオが 併設されています。DMM.make AKIBA に関する詳細は Web ページをご確認下さい。
https://akiba.dmm-make.com/

インテル® Edison 開発ボードを使ったプロトタイピングに関する支援

Intel-Edison

プロトタイピングに必要なインテル® Edison 開発ボードの提供と、専門エンジニアによる開発に関する技術サポートを行います。インテル®Edison 開発ボードに関する詳細はWebページをご確認ください。
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/do-it-yourself/edison.html

応募について

応募資格:「インテル® Edison 開発ボード」を活用したプロトタイピングを行っている/行う予定のエンジニアやスタートアップ

応募方法

DMM.make ものづくりログ( https://media.dmm-make.com/ )へEdisonを使って製作予定もしくは制作中のプロダクトについて投稿し、「Edison ABBALab Scholarship supported by Intel」Webページからお申込み下さい。

募集スケジュール:2015年4月24日(金)〜2015年5月末予定

採択通知について

頂いたお申込みを商品性や先進性など様々な観点から審査し、採択された方には個別にご連絡を差し上げます。

 

株式会社 ABBALabについて

 

株式会社 ABBALab(代表取締役 小笠原治/さくらインターネット株式会社 共同ファウンダー)は、スタートアップ企業への投資を通じて、ハードウェアスタートアップや個人による、IoTハードウェアに関するアイディアの製品化や将来的なハードウェアメーカーとしての自立を支援します。2013年よりハードウェアスタートアップへの投資を開始しています。
ABBALab並びにABBALab Farm Program の詳細はWebページ(http://abbalab.com/)をご確認ください。
本件に関するお問い合わせ先:株式会社 ABBALab
info@abbalab.com

※Intel、インテル、Intel ロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。

※その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る