最新フィラメントProMatteはかなり良い感じ!

軽量&高品質なPLAフィラメント『ProMatte』実機レポート 第一弾

3Dプリント用フィラメント専門ショップ『3DFS』でも販売を開始した、次世代高性能PLAフィラメント『ProMatte』を検証するため、造型テストを行ってみました。

3dfs-promatte-1
造形後にサポートを取り除いた状態

ProMatte』は、通常PLA素材から30%の軽量化を実現した高品質フィラメント。
軽量化された素材は同商品の大きな特徴の一つですが、それと同様に特筆すべきは、造形後の表面仕上がりのキレイさです。
※ProMatteに関する詳細はこちらをご参照ください。

3dfs-promatte-4
造形後の表面はマットでとても滑らか

下写真左が「ProMatte」、右は3DFSでも人気のPLAフィラメントPolymakerの「PolyPlus」を使い3Dプリントした造形物。
セッティング値はほぼ同じですが、ProMatteの造形物表面が非常に滑らかなでキレイなのが分かります。PolyPlusも非常に優れたPLAフィラメントですが、ProMatteのマットな質感がより精度の高さを感じさせます。
※今回は検証造型のため糸引き現象が出ている部分がありますが、スライサーのセッティングで回避が可能です。

3dfs-promatte-3
3dfs-promatte-2
「MOMENT S」で検証造型

ProMatteの利用に際して特別な設定は必要としていません。ごく一般的なPLAフィラメントと同様に扱うことが可能ですが、表面の仕上がりがとても良いため、造形後の後処理の手間を軽減することができます。
通常PLAよりも30%の軽量化を実現したProMatteは、様々な場面への応用が期待できる次世代PLAフィラメントです。

ProMatteシリーズは下記より購入が可能です

今回の検証に利用したデータ『Batman vs Superman- Helmet』は、Pinshapeから無償でダウンロードすることができます。

MOMENT Sのご購入はこちら


フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

       

ページ上部へ戻る