世界最小3Dプリント丸鋸

Ultimaker 2とクラウドCADソフトを使って3Dプリント造形された世界最小丸鋸

saw-3d-print-2

以前ご紹介したこちらの記事『3Dプリンタで造った世界最小コードレスドリル』当サイト以外の各国メディアでも大きく取り上げられた同作品ですが、この世界最小コードレスドリルを造ったニュージーランドの技士ランス氏が、新作の『世界最小丸鋸』を公開しました。

saw-3d-print-3

世界最小電動丸鋸は、先のミニチュアドライバーと同じ方式で造られており、Onshape 3DCADソフトによる設計とUltimaker 2プリンターを使った3Dプリント造形を行っています。21~40ミクロン、0.5mmピッチでPLA素材を使ってプリントされた丸鋸は、前回同様造形スピードを調整し、複数パーツに分けて造形しています。

saw-3d-print-1

ミニチュアドリルのように小型電池、スイッチ、モーターが内包されており、可愛い丸鋸刃がしっかり回転しているのが確認できます。もちろん物は切れません(^^;


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ニュースレターを購読

3DPS
ページ上部へ戻る