3Dプリンタで造った世界最小コードレスドリル

Ultimaker 2を使って3Dプリント造形された世界最小コードレスドリルがメッチャ可愛い

3dprint-drillfeatured-2

ニュージーランドの工場で技士として働くランス氏は、趣味で所有するUltimaker 2プリンターを使い、世界最小17mm×7.5mmサイズの実働コードレスドリルを製作した。
ランス氏は、Onshape 3Dと言うCADソフトでドリル本体をモデリング。Ultimaker 2には0.25ミリメートルノズルをセットし、レイヤー0.04mmピッチを毎秒10mmと非常にゆっくりとしたスピードで造形し、サポート無しで3ピース構成のドリル本体を25分間かけて造形した。
3Dプリントされたドリルには、補聴器用の小型電池やスイッチ、モーターを設置。映像で確認できる通り、ちゃんとビットが回転していますw

3dprint-drillfeatured-1

スピードとレイヤーのコントロールも上手ですね。こいったちょっと手の込んだ工作が楽しめるのも、コンシューマー機が普及したおかげかもしれませんね。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る