3Dプリント出力された「3D都市モデルデータ」

アイジェットはゼンリンの「3D都市モデルデータ」を使った3Dジオラマを販売開始

3D-Print-Maps-1

3Dプリント出力サービスを手掛ける株式会社アイジェット(本社:東京都港区、代表:久米原勝、以下アイジェット)は、株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司、以下ゼンリン)が提供する「3D都市モデルデータ」を活用して、3Dプリンタで出力した3Dジオラマ「3D Print Maps」の販売を、2016年2月22日(月)から開始。

先行してリリースされたのは、港区東京タワー周辺、神宮球場周辺、広島城・原爆ドーム周辺の3エリア。このエリアをアイジェットのオンラインストア「3D Print Maps」で販売し、順次エリアを拡大。また、その他のエリア、縮尺のカスタマイズが可能な個別オーダーとしての販売も開始予定。

3D-Print-Maps-3

アイジェットの「3D Print Maps」は、ゼンリンの「3D都市モデルデータ」を使用することで、地形、道路、建物形状までリアルな街並みの再現可能。
各都市をリアルなジオラマアートとして楽しめるよう額縁フレームに入れて提供。また、縮尺やエリアをカスタマイズした、自治体や建設業などの法人向けオーダーの注文も受け付け中。

3D-Print-Maps-2

ゼンリンは、国内では東京23区、大阪市の全域とその他の全政令指定都市の中心部の「3D都市モデルデータ」を保有。2014年8月から提供を開始しており、建設・土木業界の建築シミュレーションや、ドライブシミュレーション、ゲーム開発など、様々な用途で活用されています。
市場の拡大が続く3Dプリント分野にデータ提供することで、主に自治体や建設業向けとして「3D都市モデルデータ」のさらなる用途拡大を目指す。

アイジェットのオンラインストア「3D Print Maps

 

商品概要

  • 300サイズ(290×290mm)/縮尺 約1/4,300:140,000円~
  • 200サイズ(190×190mm)/縮尺 約1/6,600:59,000円~
  • 150サイズ(140×140mm)/縮尺 約1/8,900:29,000円~
  • 100サイズ(100×100mm)/縮尺 約1/12,500:9,800円
  • 標準販売エリア:港区東京タワー周辺、神宮競技場周辺、広島城・原爆ドーム周辺※その他エリア、縮尺のカスタマイズは個別オーダ可。

会社概要

【アイジェット】
会社名 :株式会社アイジェット(http://www.ijet.co.jp/
本社   :東京都港区海岸2-1-16 鈴与浜松町ビル
代表者 :代表取締役 久米原 勝
設立   :2009年5月
資本金 :2億1,140万円
事業内容:3Dプリンティング事業、3Dデータ事業、3D設備の製造・販売、3Dソリューション事業

【ゼンリン】
会社名 :株式会社ゼンリン(http://www.zenrin.co.jp/
本社   :福岡県北九州市戸畑区中原新町3-1
代表者 :代表取締役社長 髙山 善司
設立   :1961年4月
資本金 :65億5,764万円(2014年3月31日現在)
事業内容:『知・時空間情報』の基盤となる各種情報を収集、管理し、住宅地図帳などの各種地図、地図データベー ス、コンテンツとして提供。また、『知・時空間情報』に付帯、関連するソフトウェアの開発・サービスの提供
従業員数:2,005名(2015年3月31日現在)


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る