ミラノサローネで展示される美しい3Dプリント椅子

ミラノサローネ国際家具見本市でZaha Hadid Architectsなどが手掛けた個性的な3Dプリントチェアを展示

2018年4月17日から22日まで開催されるミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile Milano)の会場で、4つの3Dプリントチェアを発表。
これらの3Dプリントチェアは、Zaha Hadid Architects(ザハ・ハディッド・アーキテクチャ)を含む多くの有名なデザイナーやデザインスタジオと協力して設計され、スペインのデザイングループ「Nagami」によって発表される。

期間中展示される3Dプリントチェアは、Zha Hadid Architectsがデザインした「Rise」と「Bow」の他、Ross Lovegroveの「Robotica TM」、Daniel Widrigによる「Peeler」という4つの3Dプリントチェアから構成されている。

Zha Hadid Architects

イラク出身の世界的建築家 故ザハ・ハディッドによって設立された「Zha Hadid Architects」は、予てより3Dプリント技術に着目しており、今回のサローネに合わせ「Rise」と「Bow」の2タイプの3Dプリントチェアをデザインした。

「Rise」と「Bow」は、PLA材料をベースとしたペレット式3Dプリンタから生成され、それぞれのデザインは機能性と自然なブルーム構造による色や形を革新的な方法で統合している。


Zha Hadid Architects “Bow”


Zha Hadid Architects “Rise”

Ross Lovegrove

Ross Lovegroveが手掛ける「Robotica TM」は、植物学とロボット工学を組み合わせたユニークでスタイリッシュなデザインの多目的スツールは、ロボットアームタイプの3Dプリンタから生成されている。
またこのスツールには耐熱性シリコンがインサートされており、熱い食器などを置いてテーブルとしても使用できる。


Ross Lovegrove “Robotica TM”

Daniel Widrig

Daniel Widrigがデザインした3Dプリントチェア椅子「Peeler」は、PLA材料を7mm厚のシェル構造で3Dプリントした椅子で、わずか数時間で3Dプリントすることができる。


Daniel Widrig  “Peeler”

以上4つの3Dプリントチェアは、サローネ期間中、ブレラデザイン地区で展示される。
尚、同期間中は、Patrik Schumacher(Zha Hadid Architects)の基調講演を皮切りに、Ross Lovegrove、Daniel Widrig、isaie bloch、claudia pasquero、arturo tedeschiなどが、nagami showroomで講演を行う。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る