いよいよ登場HPの次世代3Dプリントシステム

HPは企業向け3Dプリントソリューション『HP Jet Fusion 3D Printing Solution』を発表

hp-jet-fusion-3d-printer-2

印刷業界の巨人HP(ヒューレット・パッカード社)は、同社初の3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」と、多くの企業とのパートナー提携を発表した。

この「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」は、高速&低価格化を目標に、自社開発のHP Multi Jet Fusion technology(液状素材を噴射し焼結する技術)を採用した次世代の3Dプリンティングソリューションです。
今回リリースされたHP Jet Fusion 3D Printerには、以前ご紹介した次世代ファイルフォーマット「3MF」が採用されており、3MFに完全に準拠した最初の3Dプリントマシンになります。

hp-jet-fusion-3d-printer-1

同社はこのシステムの開発環境発展のため、Autodesk、BMW、NIKE、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど顧客でもある優良企業と共同開発パートナーを締結。

この3Dプリントシステムを利用するこで、以下のようなことが有効となる

  • ラピッドプロトタイピングにおけるワークフローの簡素化とコスト削減
  • 画期的な経済性と最終部品の製造
  • オープン材料と採用への障壁を低下させ、新たなソフトウェアイノベーション・プラットフォームを構築
  • 毎秒3.4億ボクセルの処理能力

HP Jet Fusion 3D Printing Solutionシステムラインアップ

「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」では以下の2種類がラインアップされており、いずれの機種も、専用ソフトウェア(下記参照)や処理ステーション、冷却ユニットなどの同シリーズ専用のツール一式で構成されている。

  • プロトタイピング用途に最適化された「HP Jet Fusion 3D 3200 Printer」
  • プロトタイピングおよび短期の製造処理に最適化された「HP Jet Fusion 3D 4200 Printer」

hp-jet-fusion-3d-printer-3
HP Jet Fusion 3D 4200 Printer

  • 造形ボリューム:16x12x16(インチ)
  • プリント速度:4500cm³/hr(275in³/hr)
  • レイヤー厚:0.07~0.12mm(0.0025~0.005 in)
  • プリント解像度(x,y):1200dpi
  • 本体サイズ:2178x1238x1448mm

HP Jet Fusion 3D 3200 Printer

  • 造形ボリューム:16x12x16(インチ)
  • プリント速度:3500cm³/hr(215in³/hr)
  • レイヤー厚:0.08~0.10mm(0.003~0.004 in)
  • プリント解像度(x,y):1200dpi
  • 本体サイズ:2178x1238x1448mm

HP Jet Fusion 3D 3200 Printerの本体価格は$130,000~、処理ステーションは$155,000~

HP Jet Fusion 3D Printing Solutionをマテリアライズソフトウェアが支援

Materialise NV (米国オーランド)は「HP Jet Fusion 3D Printing Solution」におけるオープンソフトウェアプラットフォームの認証ソリューションとして、同社の3Dプリントソフトウェアが採用されたことを発表しました。
詳細はこちら

マテリアライズ社は、アディティブマニュファクチャリング向けソフトウェアや、医療および工業向けの高度な3Dプリンティングソリューションを提供する企業。
前述したHPの新ソリューションは本日より販売が開始され、マテリアライズのMagics 3D Print Suiteと互換性を持ち、新しいプリンターと既存のMagics Suiteにおけるワークフローとのシームレスな統合が可能となった。

マテリアライズ社はHPに認証された「Build Processor」を開発し、ソフトウェアとプリンター間のシームレスな統合を実現。
ユーザーフレンドリーな「Build processor」は、Materialise Magics 3D Print Suiteと組み合わせ、ユーザーにファイル修正や造形の前処理においてきわめて使いやすい環境を提供。Build Processorのシステムを通じたデータ準備プロセスは、表面のテクスチャや内部の格子といったメタデータを含む大容量データを容易に扱えるスライスベース技術への拡張が可能となる。
これらを組み合わせることで、量産における製造環境で、3Dプリンターが近い将来に幅広く活用される可能性を実現。

HPの3DプリンティングソリューションのPresidentスティーブン・ニグロ氏は「3Dプリンティングは、製造をより早く、より安価に製品を提供する事を助け、多大な利益をもたらすと考えている。」と述べた。


HP関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

 

関連記事

ページ上部へ戻る