ジョイント式の短尺カラーフィラメントで容易に多色3Dプリント

パスタのようなフィラメントをつなぎ、好きな色の積層造形が可能

stickfilament_5

Stick Filament」は、従来のリール式フィラメントと異なるスティックタイプの材料。
見た目はカラフルなスパゲッティやストローのように見えますが、個々のスティックにはジョイトント用の♂♀が設けられており、一本づつ簡単に接合が可能。
好きな色を、好きな長さだけつなぎ、造形できちゃう!

stickfilament_1
従来の材料でも、積層途中でフィラメントを交換すれば色換えなど可能でしたが、このように簡単に接合して多色造形ができれば、材料交換はともて容易になりますね。
また、この商品の特徴の一つとして、リールに巻かれたまま巻癖がついた使い勝手の悪いフィラメントとの違いを、スティックタイプにすることで避けようとしています。

実際の3Dプリント作業でも「小さいモノを、ちょっとだけプリントしたい!」なんて言う事が多々ありますが、そんな時にわざわざカートリッジ交換するのは面倒なこと
このスティックを、ちょっと刺すだけで気軽に造形できたら楽ですね。
現在は、ベーシックなカラー展開の他、蓄光タイプ?のフィラメントも展開されているようです。

stickfilament_3
stickfilament_2
stickfilament_6

商品紹介映像

http://www.youtube.com/watch?v=jXFp2pQvG9A


 

フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る