NASAはISSへ第2の3Dプリンタを送る

NASAは第二の微小重力対応3Dプリンターを国際宇宙ステーションへ輸送する

nasa-new-3d-printer-iss-3

2015年、宇宙空間上での3Dプリンティング関連ミッションを終え、地上へと戻ったMADE IN SPACEの宇宙空間(微小重力)対応3Dプリンター『Zero-G』

nasa-new-3d-printer-iss-2

米航空宇宙局(NASA)は、今回また新たなミッションのため、MADE IN SPACE製の第2の宇宙空間(微小重力)対応3Dプリンターを国際宇宙ステーション(ISS)へ輸送する。

nasa-new-3d-printer-iss-1

2016年3月22日ISSへ向けて打ち上げられる第二世代の微小重力3Dプリンターは、第一世代の2倍程度の大きさとなる。
新しいミッションの詳細は不明だが、ISS到着後には再び複数のミッションに挑戦することが予想される。

nasa-new-3d-printer-iss-5
初期ミッションで実行された3Dプリント品

前回のミッションで利用された3Dプリント用データは、こちらからダウンロードすることができます。画面下部にある「Download stl file」に公開された14種類のデータが含まれています。


MADE IN SPACE関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る