MakerBotから金属系や木質系複合フィラメントが登場

MakerBotは2015年後半に4種類のPLA複合フィラメントをリリース予定

makerbot_filament-5
石灰石ベースのPLAフィラメント作例

先日紹介したColorFabbのメタル系フィラメントbronzeFill、copperFill、brassFillなど、金属系フィラメントなどが各社からリリースされていますが、先に開催されたCES2015で発表されたMakerBotの新型フィラメントは、石灰石・メープルウッド・ブロンズ・アイアンの各素材を用いた4種類のPLA複合フィラメント。これらの新型フィラメントは、MakerBotの第5世代機に適応した物で、各素材に合わせた専用エクストルーダーとの併用となる。

石灰石

より本物に近い質感の再現がを目指した石灰岩タイプのフィラメントは、彫刻や骨格標本などの他、古生物学や歯科モデル製作などへの利用を想定。

makerbot_filament-1

メープル

家具のプロトタイプや雑貨など、木質感を生かした素材は、パーソナルユースから業務用途まで様々な質感に展開することが可能。

makerbot_filament-2

ブロンズ

ジュエリーや彫刻などに最適な素材、後加工による研磨などにより様々な仕上げが可能。

makerbot_filament-3

アイアン

メタル調の質感を追求した同素材も、ブロンズ同様研磨次第で様々な表情を表す鉄系素材。工芸品や各種ツールなどへの転用が想定されています。

makerbot_filament-4

いずれの素材も、PLA樹脂をベースに混合させた新しいフィラメントです。
第5世代のエクストルーダーに関する不具合「MakerBot 第5世代機用交換パーツをリリース予定」ついてお伝えしましたが、今回の新素への対応を踏まえ、良い形で改良が加えられると良いですね。


 

フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る