多機能ロボットアームMakerarmがローンチ

3Dプリンタやレーザー彫刻機にもなる多機能ロボットアームMakerarm

Makerarm-3

今春に先行情報をお伝えした多目的パーソナルロボットアーム『Makerarm』が、いよいよKickstarterでローンチしました!

Makerarmは、洒落たロボットアームの先端に装着する装置により、3Dプリンター、フードプリンター、CNC、レーザー彫刻機、プロッター、光造形機、アッセンブル機にも変化する多機能ロボットアームです。

Makerarm-1

Makerarmは大きなワークエリア(15.7インチ×31.4インチ、378.5平方インチ(半円形状)、総作業領域高さ10インチ)を要しており、オートレベリング機能に同機種によるコラボ操作、組立てなどのアッセンブル操作なども可能な万能ロボットアーム。

Makerarm-5

専用の制御ソフトウェアMakerarm.ioブラウザベースであり、スマートフォンやタブレット、PCなどからもワイヤレスコントロール操作が可能。ワンクリックで3Dプリント、フライス加工、レーザー彫刻などが実行できます。
当然、ここまで多機能ツールとして活用するには制御するソフトの性能やユーザー自身の知識等も大切です。同機はAutodesk Fusion 360とパートナーシップを結んでおり、1年間のサブスクリプションライセンスがバンドルされています。
Fusion 360に対する親和性が向上しカスタマイズが進めば、ロボットアーム自体の性能向上にも繋がるはずです。今後のバージョンアップに期待ですね!

Makerarm-4

スーパーアーリーバード$999~アーリーバード$1,299は既に完売しており、10月9日現在標準パッケージの$1,399以降のみの購入が可能です(日本への発送には別途送料等が発生します)。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る