無重力空間での造形に向けて旅立つZero-G Printer

NASAと民間企業による共同プロジェクト 無重力空間対応Zero-G Printer MADE IN SPACEが、いよいよ起動!

madespace4

以前お伝えした、無重力空間対応3Dプリンタープロジェクト「MADE IN SPACE」が、いよいよISS 国際宇宙ステーションでの実験へ向け今週末に始動します。
公式サイトでは、既にカウントダウンが始まっています!

地上で様々な試験を受けて完成されたMADE IN SPACEは、無重力空間で動作するよう設計された世界初の3Dプリンター。この技術は、今後の宇宙開拓への大きな第一歩となるはずです。

材料の供給から積層工程まで、地上で利用される3Dプリンターには当然、重力に頼った造形がなされています。無重力(微小重力)で、目的とする造形物をどこまで安定して成形できるか、今回のプロジェクトでは様々な実験が行われるようです。同時に、ABS材料から成形時に発生する微量の有毒ガスなどの処理も、宇宙ステーションのような密閉された空間ではとても重要になるため、これらに関連する装置類の試験なども実施されるようです。

madespace3

また、地上では造形物自体の自重による変形や、温度による影響などが発生しますが、無重力空間でこれらがどのように影響するのか、検証すべき項目は沢山あるでしょう。

いずれ宇宙空間での活用が本格化すれば、用途は宇宙ステーション内だけに留まらず。地球外の地上では、現場の材料などをベースに基地建設などが行われ、フード系プリンターへの応用が進めば、宇宙空間での食用プリンティングも実施されるはずです。

madespace2

近い将来、宇宙空間で実施される様々なミッションにも活用されるZero-G Printerの検証結果などは、今後も注目したい分野ですね。

madespace1

宇宙かぁ 死ぬ前に一度は行ってみたいですねぇ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る