最新のハイエンド・3Dテクノロジーで実現する、驚きのクオリティサービス。

ハイエンド3D技術で実現するスーパーリアルな3Dプリントドール

3Dデジタル事業を展開するケイズデザインラボは「SUPER SCAN STUDIO(以下 スーパースキャンスタジオ)」にて取得した高解像度3Dデータを用いた、新サービス『Do-nite-ll(ドニーテール)』をスタート。

ドニーテールは、最新のハイエンド・3Dテクノロジーで実現する、驚きのクオリティサービスで、同社の3Dフォトスキャンシステムを用いて撮影した超高解像度フォトリアルデータを、最高品質のマルチマテリアルフルカラー3Dプリンターで出力し、本人を本物そっくりの等身大ドールにしてしまう、リアリティ追求プロジェクトである。

この3Dプロセスは
高精度3Dデータを一瞬で撮影可能なハイエンド3Dスキャンスタジオ「スーパースキャンスタジオ」にて人物のデータを撮影。高解像度のテクスチャーデータを取得し、超精巧なフルカラー3Dデータを生成。取得したフルカラー3Dデータを元に3Dソフトウェアでモデリング処理を行い、出力に最適な仕様へディティールアップ。

完成した3Dデータは、Stratasysの高品質マルチマテリアル・フルカラープリンター「J750」で3Dプリント。積層ピッチ14μmでプリントされるオブジェクトは、非常に滑らかなサーフェイスによる精密な造形で、高解像度のカラーテクスチャを緻密に表現することができる。

3Dプリント出力後は、高いフィニッシング技術でリアルなディティールを再現。
3Dプリント出力特有の積層段差を除去し、まつげや髭の植毛、リアルな瞳の再現、細かいシワなど、手作業による精密な仕上げで、本物と並べても区別がつかないクオリティを実現する。

奥田民生さんの等身大そっくりドール「3DOT」

利用料金は、顔のみが50万円~、胴体を含む全身場合300万円~となっている。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る