3Dプリンタ用シートに大判サイズと10枚パック登場

3Dプリント造形物をしっかり固定する3Dプリンタ用プラットフォームシートに大判サイズと10枚入りパックが登場

スリーエムジャパン(以下 3M)は、ABSやPLA樹脂を使った3Dプリント造形物のプリント時に、樹脂をしっかり固定し、簡単にはずすことができる特殊表面加工シート「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」の面積を2.3倍に拡大した大判(330mm×270mm)サイズと、10枚入りタイプの2種類を新たに発売開始した。

3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」は、耐熱性のある特殊ポリエステルフィルムを採用した3Dプリンタプラットフォーム用シートで、表面にナノレベルの微細な凹凸構造をもつ世界初の特殊な表面加工が施されている。
これにより、プリント時にシッカリと樹脂を固定。冷却時に収縮しやすく造形がむずかしかったABS樹脂であっても変形を起こしにくく、成形物の反りを軽減。また、プリント後の造形物は簡単に取り外すことができ、取り外した底面も鏡面仕上げの美しい状態になる。

2016年10月に発売を開始した3枚入りのタイプについては、当サイトでも度々事例を交え紹介しているが、ユーザーから「より大きな造形を作れるように大きなサイズのシートと、入り数の多いタイプが欲しい」という声が相次いだため、今回、面積が2.3倍の大きさの大判のサイズと10枚入りのパックを発売することとなった。

大判サイズ
製品名:3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 大判サイズ
サイズ:330mm×270mm
入数 :3枚

 

10枚パック
製品名:3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 10枚パック
サイズ:210mm×180mm
入数 :10枚

 

3枚パック
製品名:3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 3枚パック
サイズ:210mm×180mm
入数 :3枚

※本製品はAmazonからの購入が一番安価でおススメ

 


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る