3Dプリンタで製作したScorpion FV101ラジコン戦車

1/16スケールで3Dプリントされたラジコン戦車Scorpion FV101

Scorpion-FV101-3dprint-9

ミネソタ在住の戦車マニアが、コンシューマー向けFDM方式3Dプリンターで1/16スケールの「FV101 スコーピオンタンク」ラジコンを製作。先日お伝えしたRC重機同様、キャタピラー一つ一つまで3Dプリント造形されており。内部へのアクセスを容易にするパーツ構成は、メンテナンス性を重視した設計になっている。
また、タンク内部にはタミヤ製のダブルギヤボックス(左右独立4速タイプ)と370サイズモーターを使用。制御系にはクラークTK22ボード(RCタンク用コントローラ)とLeopard 2 A6サウンドセットが組み込まれており、本物の戦車サウンドを再生しています。

Scorpion-FV101-3dprint-1

ページ後半にアップした映像からも確認できる通り、時折キャタピラが外れたりはしていますが、非常に軽快に走行しています。再生サウンドも良い感じ。
精度の高い光造形などを利用すれば、ボディの仕上がりも数段向上しそうですね。

Scorpion-FV101-3dprint-3
3Dプリント用データは3ds MAXでモデリング

Scorpion-FV101-3dprint-2Scorpion-FV101-3dprint-5
Scorpion-FV101-3dprint-4
Scorpion-FV101-3dprint-8

Scorpion FV101は、1973年~1994年(退役)に掛けて製造されたイギリスのCVR(T)型軽戦車。

Scorpion-FV101


3Dプリントラジコン関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る