最高速48キロで走る輪ゴムパワーの3DプリントRCカー

3Dプリンタとメカニカルパーツで組み上げた輪ゴムパワーのラジコンカー。最高速度は時速48キロ!

rubber-band-powered-RC-2

Max Greenberg、Sameer Yeleswarapu、Ian Cullimoreの3人からなるチームが開発したラバーバンドパワーのRCカーCirin

Cirinは、SolidWorksによって設計され、粉末焼結積層方式プリンターとナイロンパウダー素材により造形されたボディと、メカニカルパーツ、そしてゴムバンドから成るラジコンカー。
独創的なデザインのフレームや細部の造形は、玩具ではなくアート作品のよう。この車両の推進力として用いられたのは、炭素繊維チューブ内に納められた16フィートのゴムバンド。電動工具を用いて巻き取られるゴムバンドは巨大な推進力を生み出し、最高速度約48キロを記録している。
一度の巻取りで、約150メートルの走行が可能。

rubber-band-powered-RC-8
rubber-band-powered-RC-5
炭素繊維チューブに納められる巻取り前のゴムバンド

rubber-band-powered-RC-3
アルミ削り出しのギアがゴムバンドからの動力を伝える

rubber-band-powered-RC-4
3Dプリント技術によりバランスよく造形されたホイール

rubber-band-powered-RC-6
SolidWorksによってモデリングされたパーツ類とレンダリングイメージ

rubber-band-powered-RC

画像ソース:designboom

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る