安価なスキャナを使った全身3Dスキャンシステム

SenseやKinectなど安価なスキャナを利用した組立て式全身3DスキャナーFuboss

FUBOSS-1

これまで、数十台のデジタル一眼レフカメラを使ったフォトスキャンシステムなど、高額なフルボディスキャンシステムについて幾つもご紹介してきましたが
今回紹介する『Fuboss』は、3D SystemsのSenseやMicrosoftのKinectなど、安価なハンディタイプ3Dスキャナを使った、組み立て式フルボディスキャンシステムです。

ハンディタイプスキャナを使ったスキャニングは、スキャン完了前に被写体をロスしてしまったり、歪みが発生したりと、不慣れなユーザーにはとても操作が難しいものです。更に、PCとスキャナを繋ぐUSBコードなどは取り回しも悪く、操作性を著しく低下させてしまいます。

FUBOSS-5 FUBOSS-6

この組み立て式のスキャンシステムは、スキャナが乗る可動式パーツが設置された支柱と、スキャン対象が乗るためのターンテーブル(120kgまで対応可)の二つから構成されており、ジョイスティックコントローラーを使って360度ゆっくり回転させながらキャプチャするシステムです。

高価なスキャンシステムとは異なり、Fubossによるスキャンは完了までには多少時間を要するとは思いますが、安価なスキャナでも精度高くスキャニングするにはかなり操作性のよさそうなツールに仕上がっています。
人物以外の被写体(動かない物など)のスキャニングにも良さそうですね。

FUBOSS-8
操作側はPCに接続されたジョイスティックでスキャナをコントロール

FUBOSS-4
ジョイスティックのみでカメラやターンテーブルの移動・回転操作が可能

Fuboss 3Dスキャンシステムは11月1日よりIndiegogoでローンチする予定で、このキャンペーンを通じて開発資金の調達を計画しています。

FUBOSS-7


3Dスキャン関連記事



関連記事

ページ上部へ戻る