XYZprintingが新たに光造形機と複合機をリリース

XYZPrintingが2500ドル以下で購入可能な低価格SLA方式プリンターとスキャナ搭載のオールインワンモデルを発表

先日の記事にて「XYZPrintingが、COMPUTEX TAIPEIにおいて光造形機を含む新ラインアップを発表」という情報をお伝えしたばかりですが、その内容がいよいよ公開されました。

低価格帯光造形機「da Vinci Nobel 1.0」

XYZPrintingのダ・ヴィンチノーベル1.0は、Kickstarter等でも常に人気となる低価格帯SLA方式プリンタ。現時点での予定価格は2,500ドル以下とかなりお手頃な価格設定になっています。
2014
年度第4四半期までに出荷開始予定。

davinci-Nobel1

  • プリント技術:SLA方式
  • 本体サイズ:28.2 × 33.7 × 60.5cm
  • 重量:9.1kg
  • ディスプレイ:5インチタッチパネル
  • 接続:USB 2.0、WiFi
  • 造形サイズ:12.8 × 12.8 × 20cm
  • 解像度:X / Y:300ミクロン Z:25ミクロン
  • 材料:フォトポリマー樹脂

 

3Dスキャナも備えたオールインワンタイプ3Dプリンター「da Vinci 1.0 AiO」「da Vinci 2.1 AiO」

先日、先行するオールインワンタイププリンター「Zeus」の出荷開始に関するご案内をしましたが、XYZPrinting製品として新たに加わった「da Vinci 1.0 AiO」と「da Vinci 2.1 AiO」は、3Dプリンタ機能に3Dスキャナを搭載したオールインワンタイプモデルの2機種。

davinci-1-aio

ダ·ヴィンチ1.0 AiO 基本仕様

  • プリント技術:FFF
  • 本体サイズ:46.8 × 51 × 55.8cm
  • ディスプレイ:2.6 “FSTN LCM
  • 造形サイズ:20 × 20 × 19cm
  • レイヤー厚:0.4/0.3/0.2/0.1mm
  • デュアルスキャンエンジン:2Mピクセル
  • スキャンボリューム:15 × 15 × 15cm

 

デュアルヘッド対応の「da Vinci 2.1 AiO」

daVinci-2-aio

ダ·ヴィンチ2.1 AiO 基本仕様

  • プリント技術:FFF
  • 本体サイズ:46.8 × 51 × 55.8cm
  • ディスプレイ:5 “FSTN LCM
  • 造形サイズ:15 × 20 × 19cm
  • レイヤー厚:0.4/0.3/0.2/0.1mm
  • デュアルスキャンエンジン:2Mピクセル
  • スキャンボリューム:15 × 15 × 15cm

1.0 AiOは2014年第4四半期、2.1 AiOは翌第1四半期ころの出荷を予定しているようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る