カブクが約2億円の資金調達

rinkakを運営するカブクが、CAV、ニッセイ・キャピタル、フジテレビ系VCから総額約2億円の資金を調達

 rinkak

デジタル製造スタートアップの株式会社カブクが、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ、ニッセイ・キャピタル、フジスタートアップファンドらから総額約2億円の資金調達を実施されたそうです。

id.artsでも複数の作品を公開している3Dプリンティング関連サービス「rinkak(リンカク)」をはじめ、3Dプリント立体地図サービス「rinkakでこぼこ地図」、顔写真からフィギュアをつくる 「rinkak 3Dコラージュ」など、3Dプリント関連のサービスを多岐に渡り展開されているカブクさん。
今回の資金調達により、開発体制やサービスの機能強化を行い、グローバル化を進めていく方針のようです。
3Dプリンティング技術をベースとしたモノ造りの業界にとっても大きな一歩となる取組みですね。カブクさんには是非業界全体を牽引するような役割を担って欲しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る