手持ちのFDM機がマルチマテリアルに変身?フィラメント融合機

既存のシングルヘッドFDM/FFF方式プリンターをマルチカラー&マルチマテリアル対応機に変身させるフィラメント融合機The Palette

3Dプリンターブームの波にのり、大きな注目を集め、当サイトでも複数回に渡りお伝えしてきたbotObjects(現在は3DSystems傘下)のフルカラー3DプリンターProdesk3D
同機は、複数色のフィラメントを溶融・混合しながら色出しを行うカラー対応プリンターでしたが、今回紹介する『The Palette』は、カナダを拠点に活動するMosaic Manufacturingが開発したツール。プリンタ本体とは別に稼働するフィラメント融合装置のような物。

The-Palette-1
The Paletteには、最大4色または4つの材料を装填することが可能で、既存のシングルヘッド3Dプリンターに改良を加えることなく、マルチカラー&マルチマテリル材料を供給するというシステム。また同システムでは、手持ちのスライスソフトをそのまま利用することが可能となっており、色や素材の変更は、材料を供給するThe Paletteと、専用アプリ側で管理される仕組みを採用している。

1.75mmフィラメント対応のFDM/FFF方式3Dプリンターを所有するユーザーであれば、同機を追加するだけで、マルチマテリアル対応プリンターに変身させることができます。これにより、異なる色材料の供給だけでなく、導電性素材やカーボン系素材など、複数の素材を合わせた造形ができるため、様々な用途への活用が期待できそうです。
また、マルチヘッドへの交換など必要とせず、既存のシングルヘッドで造形ができるため、造形エリアなどを縮小することなく利用できるのも、大きなメリットの一つではないでしょうか。

The Palette-2The Palette-5

The Paletteは現在、Kickstarterにて資金調達をおこなっており、既に目標額の75,000ドルを軽く超え、120,000ドル以上(2015年4月22日現在)を調達しています。残り30日でどこまで伸びるか、楽しみですね。
スーパーアーリーバード599ドル(既に完売)の他、849ドルから購入が可能となっています。
The PaletteのKickstarterページはこちら


フィラメント関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る