iPadに指で書いてキャラクターを作ろう!イベントレポート

夏休みワークショップ「iPadに指で書いてキャラクターを作ろう!」 3Dモデル作成ソフト「Sunny 3D」ではじめてのデータ作成、3Dプリント体験への参加レポート!

sunny3d_event-2

2014年7月21日と26日の2日間に渡り、東京渋谷ケイズデザインラボと 東京新宿Office24で開催された「夏休みワークショップ:iPadに指で書いてキャラクターを作ろう!」に参加!

同イベントは、3Dモデル作成ソフト「Sunny 3D」をベースに、iPadやノートPCで3Dデータを作成し完成した3Dデータを、フルカラー3Dプリンターで造形するという 3D プリンティング作業の一連の行程を実体験できる親子参加型のワークショップ。
参加対象は8歳〜13歳までのお子さんとその親御さんとなっており、一般的な 3Dプリントワークショップと異なり、参加した子供達が自らの手で造形品を取り出せるという、新たな試みとなるワークショップ。

初日の21日は、東京都渋谷区にあるケイズデザインラボにて「Sunny3D」を使った3Dモデリングを体験。Sunny3Dのモデリング機能には改善すべき点もあり、小さいお子さんが利用するには少し難しい面があると思いますが、参加された子供達は各自工夫して一生懸命モデリング作業に取り組んでいました。

iPadを使ったモデリング作業

sunny3d_event-1

当日は、3Dプリンターに関するクイズなども出題され、子供達も真剣に答えていました。

sunny3d_event-3
出題をするイーフロンティアのプロデューサー坂口氏

sunny3d_event-4
スタッフによる 3Dプリンター説明に耳を傾ける子供達

初日に組み上げたモデルデータはSunny3Dから直接メール送信を済ませ、二回目のワークショップ当日に造形品を受け取る流れになっているため、初日はここまで。

二回目は新宿Office24へ

イベント二日目となる26日は、東京都新宿区にあるオフィスコンビニ・3Dプリント店「オフィス24スタジオ」へお邪魔し、初日に「Sunny 3D」で制作したモデルデータを使い、オフィス24スタジオに設営された3DSystemsのProjet 660pro(粉末石膏造形)プリンターから、完成品を取り出す体験型イベントを実施。

sunny3d_event-6

はじめにオフィス24スタジオ 新村店長によるご挨拶に始まり、オフィス内に設営された 3Dスキャナや3Dプリンター類の説明が行われました。とても分かりやすく丁寧な説明に、子供達も親近に耳を傾けていました。

sunny3d_event-7

sunny3d_event-5

オフィス24スタジオには、ProJet 660Proの他に3D SystemsのProJet 3500 HDMaxや複数のCube Xなどが設置されており、各機器に応じたサンプルも多く、3Dプリントサービスに関する基本的な要素を全て網羅されているため、初心者の方にも理解しやすい施設になっていました。

新村店長さんによる工程説明の後は、メインイベントである、子供達による造形の取り出し作業です。
粉末石膏プリンターからから造形品を取り出すなんて、なかなか体験できることではありませんが、そんな貴重な体験ができるのがこのイベントの最大の特徴ではないでしょうか。

sunny3d_event-8
造形物の取り出し作業を撮影する取材陣と親御さん

事前に受けた説明通り、子供達による取り出し作業開始。石膏の粉末から自分がモデリングした造形品を慎重に取り出します。

sunny3d_event-12

ガラス越しにカメラを構える親御さんに向け、取り出した造形物をお披露目する子供達。

sunny3d_event-11

粉末石膏による造形品はとてもモロく、肉厚の薄い部分や鋭角なエッジ部分は簡単に壊れてしまうため、子供達の取り出し作業中に破損しキチンとした完成品を揃える事ができないのでは?ということを想定し、事前に完成品も準備してくれていたそうです(子供向けのワークショップでは、こういった細かい配慮はとても有り難いですね)。

sunny3d_event-14
後処理を待つ造形品達

待つこと数十分。完成した3Dプリント作品は、店長から子供達へ授与されていきました。

sunny3d_event-15

sunny3d_event-16

完成した作品の提供だけでなく、オフィス24から子供達へ3Dプリント造形品のプレゼントなどもあり、参加された子供達も大喜び。

sunny3d_event-18

sunny3d_event-17
3Dプリントされた完成品

sunny3d_wshop
夏休み期間中の子供向けワークショップということもあり自由研究用のテキストも配布

筆者も今回のワークショップに息子と共に参加しましたが、普段から3Dプリントされた造形物多数目にしているせいか、3Dプリンタに関する反応は今ひとつでしたが、自らモデリングしたモノを自らの手で取り出す。という作業が初めてだったこともあり、結果的にはかなり満足できたようです。

Sunny3D

Sunny 3Dは、iPadやノートPCから輪郭線を描くだけで自動的に立体化される3Dモデリングアプリで、初心者でもすぐに簡易的な3Dモデリングが体験できる。アプリは無料だが、データのエクスポートには別途800円が必要となる。

Sunny3D:https://itunes.apple.com/jp/app/sunny-3d/id365522880?mt=8
株式会社イーフロンティア http://www.e-frontier.co.jp/
オフィス24スタジオ http://www.office24studio.jp/


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る