子供サイズの3Dプリントヒューマノイド

身長84cmのオープンソースプラットフォーム3Dプリントヒューマノイド

poppy_2

フランスのロボット会社によって開発されたオープンソースプラットフォームの3Dプリントヒューマノイド「Poppy」。3Dプリントされたボディには25個のサーボモーターとLCDディスプレイ、2つのワイドアングルカメラに16個のセンサーを搭載。更に、ステレオマイクも装備しており「人」っぽい「感情」などをLCDを通して表現することが可能。
ロボット本体の価格(サーボ等含)は、7500ユーロ

poppy_1
poppy_4

身長84cmのボディは、ちょうど2歳児くらいの大きさですね。重量は3.5kgと軽く、子供でも持ち運べる重さ。
人間に近づけて設計された関節を持つこの二足歩行ロボットが、大人に手を引かれて歩く姿は、本当の幼児のようです。
オープンソース環境のため、ユーザーによるシステムのカスタマイズやブラッシュアップが繰り返され、進化していくのでしょう。プログラム次第では、より人間に近い感情を表現できるようになるかもしれません。このロボットをどのような用途で活用するかも、ユーザー次第。

poppy_3
poppy_5

このようなヒューマノイドがドンドン進化すると、究極は「A.I」のような世界に辿り着くのかもしれませんね。ただ、子供型のヒューマノイドを観て素直に感動できないのはなぜでしょう…??

poppy_7

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る