3DプリントされたRoboCopスーツ

新作映画「RoboCop」で活用される3Dプリント技術

 RoboCop-2014_5

以前お伝えした「パシフィック・リム」「ゼロ・グラビティ」だけでなく、ハリウッド映画の世界では以前から3Dプリント技術を利用した小道具制作が当たり前のようになってきましたが、今冬公開の新作「RoboCop」もそんな作品の一つ。劇中で演者が装着するスーツは、高精細なEnvisiontec 3Dプリンタにて成形されたようです。
Envisiontec(ドイツ・エンビジョンテック社)と言えば、弊社でもプロダクト系モックアップや鋳造品の原型製作でPerfactoryシリーズなを利用しています。高精細な造形が得意なハイエンド機器メーカーさんですね。

以前お伝えした3D PRINTSHOW(2月14日現在 NYで開催中)でも映画衣装やキャラクターについての展示がありましたが。今回のロボコップについても、同イベントで紹介されたかもしれませんね(未確認)。

Exclusive - 'RoboCop' Film Set

RoboCop – Official Trailer

今冬「ゼロ・グラビティ」に次ぐ期待作として筆者も楽しみにしている新作「RoboCop」ですが、このシビれるくらい格好良いバトルスールの何処からどこまでがプリント造形品なのか、詳しく知りたくなりますね。
下は、Stratasysによる3Dプリント造形キャラクターや衣装等について紹介された映像です。ハイエンド機種Connexシリーズを利用した造形工程などをみることができます。

以前ご紹介した自主制作(3Dプリンターで制作した)ダークナイトアイアンマン同様、RoboCopフィギュアを購入し、新作「RoboCop スマホケース」を作ってみようと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る