ポラロイドの3Dプリントペンが欧州で発売開始

Polaroidは同社初となる3Dプリントペン「Polaroid Play」を欧州で発売開始した

2017年1月に開催されたCES 2017で数種類の3Dプリンタを発表したポラロイド社は、CES 2017で公開された同社初の3Dプリントペン『Polaroid Play 3D Pen』を、欧州の販売店「CRAVE 3D」から£29.99(€39.99)で発売開始した。

イメージングおよびテクノロジーブランドであるポラロイド社は、ヨーロッパの3DパートナーであるEBP(Environmental Business Products)と共同で、CES 2017で発表された3Dペン『Polaroid Play 3D Pen(以下 Polaroid Play)』を開発。Polaroid Playは手頃な価格の3Dプリントペンで、子どもでも安心して利用できるホビーユース(対象年齢14歳以上)製品となっている。

Polaroid Playは、環境に優しいPLAフィラメントを溶融させるホットチップ技術を使用し、ユーザーは手動または自動で押し出し機能を使用することが出来る。また、プリント速度を4段階まで任意に設定することができるため、造形物に応じた様々な利用方法を選択することができる。

この他、安全面に配慮した自動ターンオフ機能や、ペンが10分間使用されていない場合にフィラメントを自動的に引き込む機能など、フィラメント詰まりを防ぐ機能なども実装されている。

Polaroid Play専用アプリ「Trace App」に備えられた「stencilize」機能を使うことで、写真データを簡単にコピー(インポート)。インポートされた写真データを利用し、3Dプリント用のテンプレートとしてトレースすることができる。

製品パッケージ内容

  • ポラロイド3Dペンとホルダー ×1
  • 1.5m USBケーブル ×1
  • 15g(5m)のPLAフィラメントパック ×4
  • クイックスタートガイド
  • トレースアプリスクリーンプロテクター
  • 接着パッド ×4
  • 日本での発売は未定

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る