高強度な軟性フィラメントFilastic

高強度柔軟性材料で生成された台湾生まれのフィラメントFilasticがKickstarterでスタートアップ

Filastic-3

台湾企業BotFeederが開発した高強度な軟性フィラメントFilastic
従来の軟性フィラメントは、強度の面などで不安要素のある素材が中心でしたが、BotFeederが開発したFilasticは、TPE素材をベースに強固な分子結合を実現し、高いストレスを与えても破綻しない3Dプリントを可能にしています。

Filastic-2

また、同フィラメントは高い精度を実現しており、材料詰まりの原因のひとつである太さがまばらで不安定なフィラメントとは異なり、MakerBot、RepRap、Ultimaker、Solidoodleといった、ほとんどのFDM/FFF方式プリンタで安定した造形を実現。
現在は自然な白さの乳白色のみですが、今後カラーバリエーションなどが増えていけば、用途は広がりそうですね。そんなFilasticは現在、Kicksarterで資金調達を実施しており、アーリーバードは5ドルから入手が可能となっています。

Filasticスペック

  • フィラメント径:1.75mm
  • フィラメント色:乳白色
  • 推奨プリント速度:30mm/S
  • 層の厚さ:0.3mm
  • 推奨温度:230℃
  • プリントベッド温度:100℃
  • スプールサイズ:直径 190mm、高さ 85mm、穴径 38mm
  • 出荷開始予定:2015年10月25日
  • Kickstarterのページはこちら

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る