オリジナルスマホケースが作れるKDDIの新サービス「3D PRINT LAB.」

DMM.make 3Dプリントサービス連携APIを利用したKDDIの新サービス「3D PRINT LAB.」でオリジナルスマホケースを簡単造形!

3D-PRINT-LAB-1

2015年1月27日、KDDI・沖縄セルラーは、DMM.make 3Dプリントサービスと連携したオリジナル3Dプリントスマホケースのカスタマイズ&購入ができる新サービス「3D PRINT LAB.」の提供を開始されました。

3D PRINT LAB.は、ブラウザ上からの簡単な操作で、ユーザー自身がカスタムデザインしたスマホケースをオーダーすると、DMM.makeの高性能3Dプリンターでプリント造形され、指定の住所へ商品が届くと言うサービスです。
ブラウザ上からベースとなるデザインを選択した後、カラーや立体スタンプを選択し配置するだけの簡単操作。3Dモデリング等の知識がなくても、直ぐにオリジナルスマホケースが製作可能です。下記に大まかな手順を解説していますので、参考にしてみてください。
尚、同サービスを利用するにはKDDIアカウントへのログインが必須となります。

対応機種
iPhone:iPhone 6、iPhone 5/5s、iPhone 4S
Android:isai VL LGV31、Xperia™ Z3 SOL26、Xperia™ Z1 SOL23、Xperia™ UL SOL22、Xperia™ VL SOL21、HTC J butterfly HTL21
ベースとなるスマホケースのデザインは、プロダクトデザイナー・鈴木 啓太氏 (株式会社PRODUCT DESIGN CENTER代表)が手掛けたモノ。

ケース素材
粉末ナイロン系(表面がザラザラした質感になります)。粉末ナイロン造形品については、当サイトでも幾つも実例を紹介していますので、気になる方はこちらを参考にしてみてください。

 

3D PRINT LAB.の利用方法

利用方法についてザックリ解説していますが、操作は本当にシンプルです。3D PRINT LAB.の画面から「いますぐケースをデザイン」をクリックするだけ!

STEP 1
遷移後の画面からご自身が必要なスマホ機種(リストに無い機種は非対応)を選択。機種選択後に表示された画面(下図)左側にあるメニューから、色とベースデザインを選択し、「スタンプ選択へ」をクリックします。

3D-PRINT-LAB-2

STEP 2
左側のリストよりお好みのスタンプを選択。選択されたスタンプは自動的にケース表面に配置されます。配置されたスタンプは自由に移動・回転・縮尺が可能で、実行した変更はリアルタイムで画面右の3Dプレビューに反映されます。
※WEB上で利用しているシステムは、チームラボ株式会社 (代表取締役: 猪子 寿之)によって開発されたオリジナル3Dモデリングエンジンを利用しているそうです。

3D-PRINT-LAB-3

STEP 3
デザインが確定したら、画面左下にある「このデザインで決定!」をクリック。オーダー確認用ウィンドウが立ち上がるので、このまま注文するには「このデザインで購入!」をクリックし、DMMへのデータアップロードと注文が進行します。
※先に記した通り、同サービスを利用するにはKDDIアカウントへのログインが必須となりますのでご注意を!

3D-PRINT-LAB-4
3D-PRINT-LAB-5

これだけ自由にカスタマイズできて、4,000円前後で購入できるなんて凄いですねぇ。DMMさんだから出来る価格、他社にはなかなか真似できない内容ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る