「ジェームズ ダイソン アワード 2016」募集開始

国際エンジニアリングアワード「ジェームズ ダイソン アワード 2016」

ダイソン株式会社(東京都千代田区:代表取締役社長 麻野信弘)が提携している教育慈善団体 ジェームズ ダイソン財団 (英国ウィルトシャー州マルムズベリー) は、国際エンジニアリングアワード「2016 年ジェームズ ダイソン アワード」(James Dyson Award、以下JDA)の作品募集を本日より開始しました。

jamesdysonaward-2016

2016年度は「問題解決をデザインする」をテーマに、想像力、問題解決力、チャレンジ精神にあふれた作品を募集。

今年度は、若い将来のデザインエンジニア達の交流の場となる特設ページをFacebookにて開設し、主催はJDA やオフィシャルアンバサダーexiiiによって運用。
JDA は、問題発見と問題解決を革新的なアイデアで表現することをテーマとし、エンジニアリングを専攻する学生、卒業生を対象に実施。また、今年新たに追加した中国および韓国を含め、世界22 カ国で同時開催。
国際最優秀賞受賞者には£30,000(約540 万円)、学生を輩出した学部には£5,000(約89 万円)の寄付金が授与されます。
国内最優秀賞受賞者には£2,000(約36 万円)が贈られます。
※全て受賞時の為替相場に応じて換算

ジェームズ ダイソン アワード 2016 開催概要

募集テーマ: 問題解決をデザインするアイデア
募集期間: 2016 年2 月18 日(木) ~ 2016 年7 月19 日(火)
結果発表: 国内最優秀賞発表9 月8 日(木)、国際最優秀賞発表10 月27 日(木)
※受賞者向けに、都内にて国内授賞式を開催予定(別途案内)
応募資格: 日本、英国、ドイツ、フランス、米国、カナダ、中国、韓国、を含む計22 カ国にて、プロダクトデザイン、エンジニアリングや工学系と同等の学問を専攻している学生(専門学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院)、もしくは卒業4 年以内の方
※グループでの応募可、複数応募可、過去応募作品および発表済の作品応募可
応募方法: JDA ホームページwww.jamesdysonaward.org/ja/にてユーザー登録後、下記の必要提出物を所定フォーマットに入力して応募
1. 作品名・概要説明(日英)
2. 発想 – 作品の発想はどこから得たのか(日英)
3. 開発過程 – 開発プロセスの説明(日英)
4. 新規性 – 既存品と異なる点(日英)
5. 計画 – その作品のデザイン開発含めた今後の計画(日英)
6. 作品イメージ – スケッチ、設計図、白背景画像 等
7. 大学または準じる教育機関発行の在籍証明書(学生証、卒業証書等)
※ 映像 – 作品のコンセプトや試作品、どのように機能するかがわかる映像は尚可

日本国内審査員
田川 欣哉 氏/デザインエンジニア
林 信行 氏/フリージャーナリスト・コンサルタント
JDA2016 オフィシャルアンバサダー:exiii

【JDAの詳細に関するお問い合せ】

ジェームズ ダイソン 財団 髙瀨 茉莉
Tel: 03-3238-8985、E-mail: JamesDysonFoundationJapan@dyson.com
Facebook: https://www.facebook.com/jamesdysonaward/


ダイソン関連記事

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る