感情表現が出来るオープンソース3Dプリントロボット

5つの異なる感情を表すことのできるオープンソースロボットGoonQuad

GoonQuad_4

カナダの学生チームによるこのプロジェクトは、怒りや眠りなど5つの感情(モーション)表現が可能なオープンソースの4足歩行3Dプリントロボット。
構築に必要なパーツリストや、映像で紹介される筐体の3Dデータ(stl)、Arduino用コードまで全てオープン化されています。詳細なレポートやデータはこちらから確認が可能。

感情表現には、複数のセンサーをトリガーとしてアクションを起こさせるというとてもシンプルな構成。怒りや眠りなどは、ボディに内臓されたLEDと四本足のアクションによって表現されます。遊びの延長として利用するにはこのくらい単純な方が良いですね。
オープンソース化されることで、より高精度なセンサーやプログラミングを実装し、もっと高度なアクションを実行することも可能になりそうです。日本の教育現場でもこういったオープンソース素材がどんどん広まっていくと良いですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る