新作『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』でも活用される3Dフォトスキャン

METAL GEAR SOLID V にて利用される3Dフォトスキャン技術

METALGEARSOLIDV_making-3

これまで何度もお伝えしてきた3Dフォトスキャン技術(過去記事一覧はこちら)ですが、ゲームの世界では当たり前のように利用されていますね。人気ゲームメタルギアシリーズの最新作『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』 のメイキング映像でも、3Dフォトスキャンとフェイシャルキャプチャーを利用したキャラクター制作の様子が確認できます。
3Dフォトスキャン~モデリング加工し、フェイシャルキャプチャデータを利用した超リアルなリアルタイムレンダリング。表情の再現性はもちろん、FOXエンジンによるライティングやエフェクトの質なども見事なものですね。

METALGEARSOLIDV_making-1METALGEARSOLIDV_making-2

ハード性能の向上に応じた開発費の高騰は、コンシューマーゲーム機の世界では益々深刻になっていますね。id.artsでも自社でリアルタイムエンジンの開発などを行ってきましたが、以前はハード性能の問題から満足いくレンダリング処理できる機器が限られていましたが、ここ数年でハード性能は凄まじい進化を遂げています。数年後には、スマホでもこのレベルのリアルタイム描画が可能になっているかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る