Form1ドライバアップデートで高速化を実現

SLA方式3DプリンターForm1がドライバアップデートで高速化と新サポート方式を採用

form1-plus-update2015jan-1

Kickstarterによるスタートアップ以降、更新情報をお伝えし続けているformlabsのコンシューマー向け光造形機Form1シリーズですが(過去記事一覧はこちら)。この度ドライバをアップデートし、高速化された印刷モードを追加しました。
ドライバのアップデートはこちらから

今回新たに追加された200ミクロンのドラフトモードでは、表面の仕上がり精度を損なうことなくプリント速度を最大2倍まで高速化。

form1-plus-update2015jan-2
他社FDM方式プリンターとの比較資料

更に、新しいサポート方式を採用し、材料の消費量を60%程度まで軽減。

form1-plus-update2015jan-5
新たに採用されたサポート方式で材料の消費量を大幅に削減可能

また、今回の情報公開に合わせ、同社のゴムライクレジンやブラックレジンなど、各種材料を利用し構築したスピーカーの製作事例なども公開されています。スピーカーの構築に必要な資料は、こちらからユーザー登録を行うことで入手可能です。

form1-plus-update2015jan-4

Autodesk Sparkの発表以降、既に旧世代的な感が否めないForm1シリーズですが、トータルでのパフォーマンスの高さは流石ですね。未だ日本国内での正規販売が開始されないのが残念です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る