世界初3Dプリントカヤック

FDM方式3Dプリンタで造形したフルサイズカヤック

3dptint_kayak_1

Grass Roots Engineering のジム・スミスさんが制作した全長5.08メートルの3Dプリントカヤック
28のパーツに分割されたカヤックは、カスタムビルドした大型3Dプリンタ(造形サイズ:403mm x 403mm x 322mm)でプリント。プリント時間と材料の消費を抑えるため、0.65mmピッチで積層。総プリント時間は42日間(約1012.65時間)。
利用した材料はABSを26.3kg(約500ドル)。造形~組み立てと、かなり根気のいる造形品ですねw

3dptint_kayak_2

完成した28のパーツは、シリコンコーキングとネジでジョイント。総重量は29.29kg。

3dptint_kayak_5
3dptint_kayak_3




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

ページ上部へ戻る